20代 婚活

男性の傾向パターン

傾向を見てみると、初めての結婚は平均で三十路越えと遅め。二十歳そこそこでは「結婚したい!」と思っている人自体、はさほど多くは無いようです。

 

二十代では、ネットサイトや街コンを利用した婚活が主流です。しかし中には、結婚に興味はないものの、恋人や遊び相手を探しに…なんて気持ちでサービスを利用している人もいるので注意が必要です。

 

そしてやはり、同年代の女子とは打ち解けるのが容易なようです。

 

男性でも三十路が迫ってくると、真面目に伴侶を探し出す人が増えます。アラサー男性は周囲でも身を固める人が増えてきますから、そこから刺激をうけて、本格的に婚活に取り組むのもよくあるパターンのようです。

 

一つの傾向として、外見のレベルが高いほど、婚活は容易になるようです。外見はかなりのポイントで、お仕事やお金回りのスペックの低さを融通してもらえるほどの魅力といえます。

 

いい学校を出ていても、お固めな男性は連戦連敗…なんてこともざらです。

 

 

女性の傾向パターン

若いうちから結婚を考えている割合が高いですし、男性以上に「出産」に関する年齢的な認識もありますので、三十路前に結婚・家庭をもちたいという人は少なくありません。

 

二十代の人なら、ネットの利用から様々な婚活イベントなど幅広くサービスを利用します。女性は安い価格設定になる傾向もあり、視野を広く婚活を行う女性は少なくありません。

 

同世代~三十、四十代の男性まで、二十代女子は婚活市場で引く手数多な存在。この年齢層を目当てにする人は多いですし、正直言ってモテやすい・口説かれやすいのです。

 

そして多くの女性が嵌る落とし穴は、人気であるがゆえに、男性を吟味しすぎてしまうという点。美人であればなおさら人気になりますしね。

 

しかし悲しいかな、そんな状況だと、イメージしていたスペックの男性と知り合えても、つい目移り…。下手にサクサクと希望通りの男性と巡り会えたがために、じゃあもうワンランク上を目指しちゃおうか、と浮かれてしまうのです。

 

話しかけてきた沢山の男性の中から「いいかも?」と少しでも印象に残るような男性なら、他の女性だって「いいかも?」と思っているんです。すぐアプローチし返さなければ、誰かにとられます。

 

結局良縁をものにできないまま、薹は立っていきます。しかしちょっとモテた記憶があるだけに、思い描くのは高スペック男子。しかし現実的に、歳と共にアプローチは少なくなっていくのです。

 

キープなんて発想は捨てましょう。二十台という年齢を生かし、自分にぴったりのイベントを探してください。そしてもし婚活市場でもモテることがあれば、高飛車になるのではなく真摯に対応しましょう。そして本命は一人に決めるべきです。